植物性?動物性?

世の中には植物性と動物性のものがあります。
タンパク質や乳酸菌、油、生クリームなどがあります。

タンパク質で見てみると植物性タンパク質は大豆などがあります。
動物性タンパク質は肉や魚などに含まれています。

タンパク質に限らず、動物性のものを多く摂取してしまうと
脂肪の摂り過ぎなどの原因になってしまいます。
現在、日本では生活習慣病の患者が多くなっていますが
その原因に肉類の摂取のしすぎというのがあげられます。

タンパク質は特に体に重要な栄養素となるため、
動物性と植物性をバランスよく摂取していく事が大切になります。

よく動物性は油が気になる、脂肪が気になる、ということで
植物性のみを摂取している人もいますが、
それはそれでバランスが良くありません。

どちらも適度に摂取し、バランスの良い食事を心がけていく事が大切になります。

バランスの良い食事を心がける中で野菜も多く摂取していった方が
さらに健康的になっていく事が出来ます。

毛穴の汚れが目立つ?!

夏の汚れがごっそりと溜まっている秋口は毛穴の汚れが目立つ季節です。
夏の汚れをしっかりと落としておかないと、段々と乾燥していく秋に
毛穴の黒い汚れが目立ってきてしまいます。

 

毛穴が汚れている、と感じたらすぐに毛穴の汚れを落としていきましょう。

ただ、毛穴の汚れを落とすと言ってもどうやって落としていけばよいか
わからない、という人もいると思います。
洗顔フォームを泡立てて洗顔しても、なんだかなかなか汚れが落ちてくれないな、
と感じている人が多いでしょう。

 

毛穴パックシートで毛穴の汚れをごそっと落としても落ちきれていなくて
余計に毛穴の汚れが気になってしまうんですよね。
それにシートでやると下手すると毛穴が広がってしまう事もあります。

 

そんな時はピーリングをしてあげるのが一番です。
ピーリングとは肌の表面にある古い角質を剥がし落として
肌のターンオーバーを促します。
ピーリングは肌にダメージを与える、と感じる人もいますが、
さすがに毎日やってしまうと肌がダメージを受けてしまうので
1~2週間に1回行うようにしてみましょう。毛穴が小さくなっていくかも。

目を大きく見せたい!

女性なら目を大きく見せたい、と思っている人が多いと思います。
そのため、メイクでもアイメイクに時間を掛ける人も多いです。

ただ、アイメイクでは目そのもの自体は大きくならず、
大きく見せる、という目の錯覚を利用しています。

 

目を大きく見せるには目の周りに関する美容手術を受ける必要がありますが
もっと簡単に目を大きく見せる方法があります。

目というのは毎日使う事により、疲れたりたるんだりしてきます。
もちろん若いころは疲れやたるみはほとんどありませんが、
高校生でもコンタクトレンズを使い始めると目が疲れたり
たるんだりしてくるんです。

その場合、目が小さくなってしまっている可能性があります。

 

目を大きくするためにはまず、目の疲れを取りましょう。
目の疲れを取るには蒸しタオルで温めたり、
冷たいタオルで冷やしたりすると目の疲れは取れていきます。

 

目のたるみ・まぶたのたるみをなくすためにはマッサージをしていきましょう。
ただし、マッサージは目に触れると目に刺激を与えてしまいますので
目に触れないようにマッサージを行っていきましょう。

お菓子と肌

あなたは1日にお菓子をどれくらい食べますか?
お菓子や菓子パンなどは美味しいですがどれもカロリーがとても多いですよね。
それにカロリーだけではなく、砂糖も多く使用されています。

 

少しの砂糖ならともかく、お菓子や菓子パンには多くの砂糖が使用されています。
それにプラスして清涼飲料水なんて飲んでたら、さらに砂糖を多く摂取する事になります。
清涼飲料水の砂糖ってとても多いんです。
缶コーヒーが多い、というのは良く言われますが、スポーツ飲料水にも
砂糖が多く使用されています。

 

糖というのは多く摂取してしまうと、肌を糖化させていってしまいます。
肌の糖化というのは肌を茶色く変色させていってしまう事です。
糖化により、肌は透明感がなくなり、ハリなども損なわれていきます。
糖化はゆっくりと進行していきます。
加齢とともにハリやくすみがなくなってきているだけ、
と思っていても糖化も一緒に引き起こしている場合があります。

 

糖化させないためには糖分を摂取しない方がいいですが、
まったく摂取しないという事は難しいですよね。
お菓子や菓子パン、清涼飲料水は控えていくだけでも効果はあります。

 

充血をなくすには?

目が充血することってよくありませんか?
目が充血する理由として目を酷使しているという事があげられます。
パソコンやスマートフォンを何時間もする人が増えてきており、
それだけ目を酷使している人も多いんです。

 

パソコンからは特殊な光が発行されており、最近では
パソコンのブルースクリーンをカットする専用の眼鏡が出てきており、
目が悪くない人でもパソコンを使用する時に使える眼鏡が出てきています。

 

目は酷使したり、ずっと使い続けると充血してしまい、
疲れてますサインが出ます。
そのまま放っておくと眼精疲労などになっていきますので
目が疲れている充血サインが出たら、目を休めましょう。

 

もし目を休める事があまり出来ないようでしたら
目薬を点して目を労わりましょう。

 

寝る前にはしっかりと目を休め、蒸しタオルや冷たいタオルをあてて
目の緊張をほぐして上げましょう。

 

充血がなくなると白目がキレイに見えるだけではなく、
目の疲れが取れるのでいいことばかりです。

 

目は毎日使うものなので大切に。

 

歯は大切にしよう!

食べることは人生の楽しみという人は多いでしょう。
おいしいものを食べるために料理を作ったり、各地を回ったりと私たちの生活を豊かにしてくれます。
そして、その食べるときに必要不可欠なのが歯です。

 

歯は食事で食べた物を細かく噛み砕き、消化しやすくしています。
さらに、歯ざわりや歯ごたえなどを感じ、噛むことで味が引き出され、おいしさをより感じるようになります。
歯は消化吸収をよくするだけではなく、噛む刺激があごに伝わることであごの骨や筋肉を強くしてくれます。
あごの周辺が刺激されると、大脳皮質も刺激され、脳が活発になるという効果もあります。

 

それに、お年寄りのボケの予防に役立つんです。
また正しい発音をするためにも、歯は欠かせないと言われています。
歯並びは見た目の印象を左右したり、顔の形や表情にまで影響します。
特に歯並びが悪いと自分に自信が持てなかったり、人と接するのが怖くなり人間関係にまで影響を与えることもあります。
そのため、歯をしっかり守ることは栄養を体に吸収しやすくするだけではなく、体全体に影響を与えます。

 

歯を大切にして8020運動~80歳で20本の歯~を目指していきたいですね!

ムダ毛処理、カミソリ派?毛抜き派?

ムダ毛処理をする場合、分かれるのが、カミソリ派と毛抜き派です。

毛抜き派の人は、効果が長持ちするところが気に入っています。
つるつる感が長く続き、自宅でいつでも手軽にお手入れできます。
ただ、毛抜きの場合、抜くと比較的長い期間もつのですが、痛みが強く、抜くのに時間がかかります。
太い毛は確実に抜けるのですが、細い毛が少し残る場合もあり、上手く処理しにくい面があります。
ケアに時間がかかるのが難点で、毛を抜くので肌ダメージも心配ですよね。

一方、カミソリ派の人は、とにかく楽だから、という理由でやる人が多いです。
カミソリで剃るのは、思い立ったらすぐにできるので便利だからです。
毛抜きのように痛みがなく、いつでも手軽に処理できます。お風呂のついでに脱毛することができます。
ただ、カミソリでムダ毛処理すると、すぐに毛が生えてきます。
剃った後がチクチクして痛く、カミソリの場合、こまめに処理しなければいけません。
このように、カミソリ派、毛抜き派、共に、それぞれデメリットがあります。
やはり、ムダ毛処理をするなら、脱毛サロンがおすすめです。生えてくるスピードが断然遅く、仕上がりもキレイです。

香りでリラックス

毎日仕事に追われて忙しい、ゆっくりする時間がないという人もいるでしょう。
そんなときは、アロマセラピーでリラックスしてみてはいかがでしょうか。
アロマセラピーには、アロマポットとアロマオイルを用意します。
アロマポットにはいろいろなデザインがあるので、自分のお気に入りを見つけて気分を上げましょう。
アロマオイルは、香りによって効能がいろいろあります。

例えば、ラベンダーにはリラックスさせ安眠しやすくする効果があります。
一方、ペパーミントは眠気を覚まし、ローズマリーは記憶力や集中力を高める効果があります。
オレンジは気分が落ち込んでいるときに、明るい気持ちにしてくれたり、ライムは前向きな気持ちにさせてくれます。

香りは、鼻から脳へ伝わったり、肺から吸収されたり、皮膚から吸収されたり、身体の中へいろいろな場所を通って吸収されます。
そして、身体面だけではなく精神面にも作用します。
アロマセラピーは自然療法のため誰でも気軽にすることができます。
自分の気分に合わせてアロマオイルを選んで身体と心をリラックスしましょう。

学生でも脱毛が出来るんです

今の時代、学生でも脱毛が出来るんです。便利な時代になりました。

学生の場合、学割が利くところも多く、お得に脱毛サロンで脱毛できます。

お金のない学生にとっては、なるべくお金をかけずに脱毛したいものです。そんな学生にとって、優しいのが脱毛サロンです。

学生に人気なのが月額制の脱毛サロンで、学生から1番人気になっています。

脱毛にあまりお金をかける余裕のない学生は、支払いに無理のない月額制がピッタリで、月々の支払いなら負担がありません。

月額制であれば、毎月のバイト代の中から気軽に脱毛することができます。

自分が支払える程度の決まった金額であれば、学生でも負担に感じることはありません。

クレジットカードや口座振替で支払える脱毛サロンもあり、とても便利になっています

。脱毛サロンは、昔と違って今は、料金がとても安くなっていて、学生でも手が届く料金になりました。

学割で安くなるサロンも増えていて、月額制なら、安く全身脱毛ができます。

学生でもローンやクレジットカードを利用できるところが多く、学生のうちなら、時間に余裕があるので通いやすいです。

空いた時間を狙えば予約も取りやすく、楽々と通うことができます。

薬には水?

薬を飲む時、説明書には水またはぬるま湯で飲んでくださいということが書かれています。
何故水で飲むのがよいのでしょうか?

 

清涼飲料水や牛乳などで薬を飲んでしまった場合、効果が薄まったり、
吸収が遅くなったり、吸収が悪くなったりしてしまう場合があります。

せっかく薬を飲んでも、水よりも効果が現れにくいということになると
何だかもったいないですよね。

 

さらに有名ですがグレープフルーツジュースと一緒に飲んでしまうと、
薬によっては作用が強く出てしまう場合があります。
強く出た方がいいのでは?と思うかもしれませんが、
強く出るという事はよく効くとは違いますし、副作用も出てしまう場合があるので
こういった飲み方をするのはやめましょう。

またアルコールで飲む人もいたりします。
アルコールで飲む場合も、作用が強く出てしまう事があります。

 

今までは大丈夫だったから、ということで飲んでしまう人がいますが、
薬は水で飲むようにしましょう。
水で飲む際、コップ1杯程度の水で飲むようにすると、少しの水で薬を飲んだときに比べ
血液中の薬の濃度が高くなるので早く効きやすくなります。

 

カテゴリー
お気に入り